■Vol.15 No.23 通巻325号 2018年12月5日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.91 更年期障害および類似症状

(漢方トゥデイ 2016年11月9日放送より転載)
松本正人先生
まつもと脳神経・内科クリニック 院長
松本 正人 先生
(ご所属は放送当時のまま記載いたしております)
  • 本記事はラジオNIKKEIで放送された医学情報番組「漢方トゥデイ」から転載しています。
  • 下記のマークをクリックすると動画(Windows Media Player または FLASH)もご覧いただけます(日経ラジオ社サイトへジャンプします)。
  • 動画をご覧いただくにはPCでアクセスしてください。
Windows Media Playerで再生Windows Media Player で再生
Flash Playerで再生Flash player で再生

産前産後の疾患に対する漢方治療

 私は、福島で開業をしております、まつもと脳神経・内科クリニックの松本と申します。もともと病院の勤務医でしたが、4年前に開業をし、子どもから高齢者まで、幅広い年代の患者さんを診ております。専門は脳神経外科で、専門医としては、脳神経外科はもちろんですが、脳卒中専門医、認知症専門医でもあります。しかし、対象とする疾患は脳外科関連あるいは認知症関連疾患に限らず、内科、整形外科、一部心療内科的な疾患も診ております。頭痛、もの忘れ、めまい外来も行っており、少数の患者さんですが、在宅医療も行っております。勤務医時代には西洋薬を主に使っておりましたが、開業してから西洋薬ではなかなか改善しない患者さんを診る機会が多くなり、漢方薬に頼ることが多くなりました。

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP