■Vol.15 No.21 通巻323号 2018年11月7日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

第38回 産婦人科漢方研究会学術集会 ランチョンセミナー

期 日 平成30年8月26日(日)
会 場 ホテル東日本宇都宮(宇都宮市)
座 長 深澤 一雄 先生(獨協医科大学産科婦人科学講座 主任教授)
 第38回産婦人科漢方研究会学術集会が去る8月26日(日)に、ホテル東日本宇都宮で開催された。ここでは、ランチョンセミナー「女性のトータルケアに役立つ漢方治療」を紹介する。
プログラム(PDF)
女性のトータルケアに役立つ漢方治療
加藤 士郎 先生
筑波大学附属病院 臨床教授/野木病院 副院長

女性のあらゆるライフステージにおける愁訴に

 漢方薬は、心と体を別のものとして区分する二元論に基づいた西洋医学(医薬)と異なり、心と体を一体として捉えて同時に作用すること(心身一如)で、体の恒常性維持に働く。漢方処方は、漢方の基本概念である、陰陽、虚実、表裏、寒熱、気血水、五臓、六病位などを用いて、個人個人の「証」を定め、それぞれの証に基づいて行う(随証治療)。漢方医学的に病気とは、基本的には陰陽のバランスの崩れであり、治療とは崩れた陰陽のバランスを回復させることである。

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP