■Vol.15 No.18 通巻320号 2018年9月26日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.89 二朮湯

二朮湯

二朮湯とは

二朮湯は中国・明代に著された『万病回春』に収載されている処方です。12種類もの生薬から成る薬で、蒼朮と白朮の二種の朮を主薬とすることから名付けられました。いわゆる四十腕(肩)、五十肩の腕や肩の痛みに対して、腹力によらず使うことができます。

使用目標(証)

体力中等度の人で、肩や上腕が痛む場合に用いる。
【脈証】滑。


続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP