■Vol.15 No.17 通巻319号 2018年9月12日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

(大野修嗣編著. 漢方学舎実践編1臨床カンファレンス実体験. 源草社, 2016より引用改変)
 本コーナーでは、『漢方学舎 実践編1 臨床カンファレンス実体験』(大野修嗣、源草社、2016年)で掲載された出題・解答・カンファレンスをQ&A形式で紹介します。
 編著者の大野修嗣先生(大野クリニック)は、平成17年よりWeb上で「大野塾」という漢方を学ぶサイトを開設されています。大野塾での興味深い症例検討を前述の書籍にまとめられています。このたび、本書からの転載をご許可いただき、その一部を小誌で連載させていただくことになりました。
 「漢方医学を習熟するコツの1つは実際の臨床の中で豊富な使用経験を積むことである〜(中略)〜毎月筆者が症例を演習問題と提示して、会員の先生方がその症例についてカンファレンス形式で解答に近づくという趣向である」(本書序文より)。

 症例とカンファレンスをご一読いただき、実際に用いられた漢方薬を検討してみましょう。解答ボタンを押すと、処方された漢方薬、解説・質疑をご覧になれます。

No.1 嘔気、嘔吐

Q1.嘔気、嘔吐

下記の症例に用いられた処方を検討してみましょう。

症例72歳、女性

[主 訴]嘔気、嘔吐
[既往歴]心室性期外収縮
[家族歴]特記事項なし
[現病歴]X年6月27日、朝から畑仕事をしていたが、午後12時ごろ嘔気が出現。多量の発汗があったために自宅に帰ったが、さらに気分不快となり嘔吐。腹痛、下痢はなく食欲もないということで来院
[現 症]身長146cm、体重43kg、血圧80/40mmHg、脈拍112/分、整。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜に黄疸なし。胸部の聴診では頻脈傾向以外問題なし。腹診では腸雑音聴取せず、圧痛はなし。神経学的所見は特記事項なし

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP