■Vol.15 No.15 通巻317号 2018年8月8日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

第119回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 ランチョンセミナー13

期 日 平成30年6月1日(金)
会 場 パシフィコ横浜(横浜市)
司 会 藤枝 重治 先生(福井大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授)
 第119 回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会が去る5月30日(水)〜6月2日(土)に、パシフィコ横浜で開催された。ここでは、ランチョンセミナー13「味覚と嗅覚〜漢方薬の役割〜」のあらましを紹介する。
開催案内
味覚と嗅覚〜漢方薬の役割〜
司会:藤枝 重治 先生(福井大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授)

高齢者味覚障害に対する新たな対応
山崎 裕 先生(北海道大学歯学部 高齢者歯科 教授)

嗅覚障害の漢方治療
三輪 高喜 先生(金沢医科大学 耳鼻咽喉科学 教授)



(制作担当:CSZ)

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP