■Vol.15 No.13 通巻315号 2018年7月11日発行
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.86 骨盤内うっ血症候群

(漢方トゥデイ 2016年6月8日放送より転載)
徳毛敬三先生
公立学校共済組合 中国中央病院 産婦人科部長
徳毛 敬三 先生
(ご所属は放送当時のまま記載いたしております)
漢方トゥデイはこちら

骨盤内うっ血症候群と瘀血

 骨盤内うっ血症候群とは、精神的あるいは身体的ストレスがきっかけとなり、骨盤内の静脈がうっ滞することで静脈瘤を形成し、下腹部痛等を生じる疾患です。東洋医学的には瘀血が原因と考えられています。
 わが国では、認知度が低く、診断治療が遅れることがあります。今回、左下腹部痛を主訴に来院され、桂枝茯苓丸が有効であった骨盤内うっ血症候群の症例を経験しましたので報告いたします。

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP