■Vol.15 No.10 通巻312号(2018年5月30日発行)
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.85 桂枝人参湯

桂枝人参湯

桂枝人参湯とは

桂枝人参湯は、体力が低下しており、冷え症で顔色が悪く、食欲不振、下痢などの消化器症状を訴える人に使われる薬です。胃腸の不調を改善する「人参湯」に桂枝を加えた処方で、とくに、お腹が冷えると下痢しやすいような場合に効果があります。冷えると症状が悪化することが処方の目安の一つで、お腹を温めて胃腸の働きを整え、頭痛や発熱、動悸などの症状も改善させます。

使用目標(証)

比較的体力の低下した人で、食欲不振、悪心、嘔吐、胃部停滞感、下痢などの胃腸症状に頭痛、頭重、心悸亢進などを伴う場合に用いる。
1)冷え症で顔色悪く疲れやすい場合。
【脈証】 浮弱で数


続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP