■309号(2018.4.11)
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.391 楽しく飲んで、みんなHappy! 〜お子さんに飲んでもらう工夫〜

坂﨑弘美先生
坂﨑弘美  プロフィール
さかざきこどもクリニック 院長
 お子さんに対する漢方治療は、飲めるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。しかし、漢方薬というと、苦くて飲みにくいというイメージがあり、私自身もお子さんが、飲めるはずがないと思っていました。ところが実際は、ちょっとした工夫で飲めるようになることも多いのです。

 服薬に影響する因子は1. 味、2. お母さんとお子さんのやる気、だと思います。味に関しては、漢方薬の味が好きな場合はそのまま飲めるのですが、そうでない場合はいろいろなものと混ぜる工夫が必要です。よく先生方から、このエキス剤は何と混ぜると飲みやすいですかと聞かれます。

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP