■309号(2018.4.11)
PDFファイル
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

No.82 過換気症候群に漢方薬が奏効した例

(漢方トゥデイ 2015年10月28日放送より転載)
平田和美先生
金沢大学附属病院 漢方医学科
平田 和美 先生
漢方トゥデイはこちら

夫の浮気が原因で過呼吸発作を繰り返す

 現在は、金沢大学附属病院の漢方医学科の外来にて診療していますが、専門は精神科です。今回は、永年勤務させていただいている精神科クリニックにて経験しました、印象に残る症例を御紹介いたします。

 症例は20代後半の女性です。
 主訴は過呼吸発作です。
 既往歴に特記すべきことはありませんでした。生活歴ですが、高校卒業後、職を転々としていましたが、20代半ばで結婚し、専業主婦となりました。初診時は、夫と3歳になる長男、7か月の長女との4人暮らしでした。7か月の長女は、未だ授乳中でした。

続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。会員の方はログインしてください。

会員ID、パスワードを忘れた方はこちら

まだ会員登録されていない方は、以下より会員登録(無料)してください。
バックナンバー一覧へ戻るテーマ別一覧へ戻る

TOP