漢方医学と西洋医学の融合により 世界で類のない最高の医療を患者さんに
Webマガジン「Kampo Square」 学会や特集記事などのタイムリーな漢方情報や多彩な連載を毎月2回配信中。
Vol.15 No.13 通巻315号(2018年7月11日発行)  本紙PDFはこちら(4MB)
学会・研究会・講演会
漢方薬を用いた支持療法と緩和ケア
聖路加国際病院 林 章敏 先生【動画】

最近の緩和ケアでは、対象患者の広がり、早期からの対応、予防的な対応、慢性疼痛患者の増加など課題が多い。林章敏先生の講演。

季節性疾患
漢方による熱中症・夏バテ対処法

連日の厳しい暑さに、熱中症をはじめとした夏季特有の疾患に悩まされる方が増えている。漢方による対処法の記事リンク集。

漢方みちしるべ
難病(SLE)治療中に帯状疱疹を繰り返す症例 〜熱証〜

高校生のときにSLEを発症した30代女性。疾患活動性は鎮静化していたが、数日前からぴりぴりした疼痛、水疱性皮疹が出現し来院。

学会・研究会・講演会
産婦人科領域における漢方治療の基礎

漢方薬はなぜ婦人科領域でよく用いられるのだろうか? 便秘、むくみ、イライラ、冷えと漢方治療。杉山隆先生による解説。

高齢者地域医療
生活の中のリハビリテーションと食事

高齢者のリハビリテーション継続のため、気力や体力の維持と四肢の痛み、冷えなどの多種多様の訴えをコントロールする必要がある。

私の漢方診療日誌
【産婦人科漢方医が目指すもの】女性医学と漢方 悩み多き女性には漢方の効果が高い

「婦人の病は療するに難し、男に比すこと十倍」。女性の不調に柴胡を含む処方が有効なことが多い。加味逍遙散証を中心に。

印象に残る症例
骨盤内うっ血症候群

本症はわが国では認知度が低く診断治療が遅れることがある。60代女性、左下腹部痛も内科疾患否定。症状緩和への有効例。

次号配信予定日:2018年7月25日(水)

おすすめコンテンツ 新着や人気コンテンツをピックアップ。ぜひご覧下さい。
エビデンスを中心とし、CG・動画・イラストを用いた処方解説のコーナーで、文献紹介や安全性情報なども掲載しています。
熱中症・夏バテ対策に関するサイト内リンク集です。
漢方関連情報誌・書籍を電子書籍として提供している漢方Libraryが使い易くリニューアルしました。スマートフォンでも使えます。
人気コーナーの77処方を一気に読めます。
PDF版をダウンロードできます。
日常診療とWebのリンク。漢方情報発信や啓発活動にWebをうまく活用されている先生にインタビューしました。
15年継続するネットセミナーの魅力〜いま知っている処方を少し広げて使ってみませんか〜

研修医の先生方へ

2018年6月21日
一頁随想わが旅「セイロン旅行記」を掲載しました。

TOP