漢方医学と西洋医学の融合により 世界で類のない最高の医療を患者さんに
Webマガジン「Kampo Square」 学会や特集記事などのタイムリーな漢方情報や多彩な連載を毎月2回配信中。
Vol.16 No.5 通巻331号(2019年3月13日発行)  本紙PDFはこちら(4MB)
会頭インタビュー
節目となる70回学術総会で、漢方の伝統・現状・未来を論じよう

70回という節目の総会。テーマは「伝統の継承と近未来へのチャレンジ」。花輪壽彦先生に、学術総会のプログラム内容などを伺った。

学会・研究会・講演会
看護師が知っておくべき薬理学

今後特にがん、婦人科、高齢者領域で看護師の役割(気づき)、さらに漢方の知識が重要となる。上園保仁先生、柳田俊彦先生の講演。

漢方薬の添付文書
六君子湯

消化吸収能力を意味する脾の不調を改善し食欲不振を改善する四君子湯がベース。処方の来歴や使用法などを古典から読み解く。

学会・研究会・講演会
漢方医学教育の最先端

漢方医学の普及・定着・発展を奨励する日本漢方医学教育振興財団による開催。受賞演題や研究助成(中間報告)など貴重な講演。

私の漢方診療日誌
【心療内科医の漢方アプローチ】パニック障害と柴胡剤

病後の体力増強、食欲不振、夏やせなど体力が低下した状態に広く用いられる補剤の代表。食欲不振に用いられた事例をもとに。

高齢者地域医療と介護
精神疾患 認知症周辺症状(BPSD) ─抑うつ症状を中心に─

認知症は超高齢社会の日本においてより一層深刻な社会問題となっている。抑うつ症状に対する種々の漢方薬の特徴や使い分け。

症例検討体験!
喉の痛み、飲水で嘔吐、唾が口に溜まる

70代女性。糖尿病、便秘、胃炎の既往。内視鏡検査で異常なし。咽喉部の発赤、最近飲水のたびに嘔気嘔吐。全身に冷え、軟便傾向。

次号配信予定日:2019年3月27日(水)

研修医の先生方へ

2019年2月28日
一頁随想わが旅「心に残る旅」を掲載しました。

TOP