漢方医学と西洋医学の融合により 世界で類のない最高の医療を患者さんに
Webマガジン「Kampo Square」 学会や特集記事などのタイムリーな漢方情報や多彩な連載を毎月2回配信中。
Vol.15 No.15 通巻317号(2018年8月8日発行)  本紙PDFはこちら(5MB)
認知症とフレイル
アルツハイマー型認知症患者さんの食欲不振に

フレイル状態にある認知症患者さんの生活を支える漢方、80代男性例。本例を含むアルツハイマー型認知症の最近の臨床研究。

季節性疾患
第1回 夏の養生と漢方薬
三谷 和男 先生

各地で猛暑が続き、熱中症・夏バテの患者さんが増加している。夏季の代表的な漢方薬である清暑益気湯ほか、三谷和男先生の解説。

漢方みちしるべ
精神的要因から薬物乱用頭痛に陥った症例 〜気逆〜

漢方薬の選択には証に加え現代の医学生理学的知見、人間観察眼を総動員し適応病態を明らかにする必要がある。60代男性の頭痛例。

学会・研究会・講演会
味覚と嗅覚〜漢方薬の役割〜

心因性、特発性の味覚障害は有用な治療法がなくさまざまなアプローチによる治療法が望まれている。感冒後嗅覚障害の臨床研究ほか。

高齢者地域医療と介護
費用対効果比からみる漢方の有用性

日本は急速な高齢化の進展により社会保障給付費の伸びが増大し続けている。療養病床群やビッグデータによる漢方薬の経済性評価。

私の漢方診療日誌
【産婦人科漢方医が目指すもの】不妊漢方外来の実際

冷えは不妊漢方外来の主訴でもっとも多く、冷えがあると胃腸症状が出現しやすい傾向に。寺師睦宗先生の提唱された子宮苗床論ほか。

印象に残る症例
放射線性直腸炎による出血

60代男性、前立腺癌放射線療法後に出血が止まりにくくなり、貧血が進行。長期にわたり出血を来す病態に対する漢方薬。

次号配信予定日:2018年8月29日(水)

おすすめコンテンツ 新着や人気コンテンツをピックアップ。ぜひご覧下さい。
熱中症・夏バテ対策に関するサイト内リンク集です。
機能性ディスペプシア(FD)の消化器症状に対するプラセボ対照二重盲検試験の結果。富永和作先生の講演を紹介します。
エビデンスを中心に、CG、動画、イラストを用いた処方解説や、文献紹介、安全情報なども掲載しています。
これまでの基礎、臨床研究などの蓄積によって解明されてきた漢方薬の薬理作用をわかりやすく図解しています。
臨床現場で活躍されている薬剤師による、すぐに役立つ頻用処方のポイント解説です。
人気コーナーの77処方を一気に読めます。
PDF版をダウンロードできます。

研修医の先生方へ


TOP