六君子湯 >>  六君子湯を理解する >>  関連記事・特集
関連記事・特集
Science of Kampo Medicine(漢方医学)
 
2014 Vol.38 No.2 「特集/パーキンソン病―非運動症状に対する漢方治療―」より
解 説
パーキンソン病の非運動症状(胃排出能低下,排便機能障害)に対する六君子湯の臨床効果
榊原 隆次 先生(東邦大学医療センター佐倉病院神経内科 准教授),他
パーキンソン病の食欲不振および消化管運動障害に対する六君子湯の効果
屋嘉比 康治 先生(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科 教授)
 
2013 Vol.37 No.4 「特集/上腹部愁訴の治療戦略」より
座談会
複合的な病態・愁訴にいかに対応すべきか?―六君子湯のポジショニングも含めて―
藤本 一眞 先生(佐賀大学医学部内科学 教授)<司会>
木下 芳一 先生(島根大学医学部内科学第二 教授)
草野 元康 先生(群馬大学光学医療診療部 診療教授)
三輪 洋人 先生(兵庫医科大学内科学上部消化管科 主任教授)
総 説
上腹部不定愁訴(機能性ディスペプシア)の現況とその漢方治療
楠 裕明 先生(川崎医科大学総合臨床医学 講師),他
 
2012 Vol.36 No.3 「グレリンと六君子湯」より
総 説
Ghrelin History
児島 将康 先生(久留米大学分子生命科学研究所遺伝情報研究部門 教授)
解 説
グレリン・六君子湯のメカニズムと臨床応用
乾 明夫 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野 教授)
Science of Kampo View
脳腸相関における六君子湯の作用メカニズム
乾 明夫 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野 教授)
トピックス
漢方研究を通じて心身相関の解明に向けた基盤的成果に期待
第6回国際悪液質学会(ミラノ)/ 6th Cachexia Conference

乾 明夫 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野 教授)
臨床研究:胃癌化学療法に対する検討
S-1+CDDP併用療法の食欲不振に対する六君子湯の効果
桑野 博行 先生(群馬大学大学院病態総合外科(第一外科) 教授)
臨床研究:胃切除患者に対する検討
胃切除後患者に対する六君子湯の機能障害改善効果とアシルグレリンの割合の増加
瀧口 修司 先生(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 講師)
臨床研究:PpPDに対する検討
幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の六君子湯の効果とアシルグレリン濃度への影響
塚田 一博 先生(富山大学大学院医学薬学研究部消化器・腫瘍・総合外科 教授)
臨床研究:FDに対する検討
六君子湯は血中グレリンを増加させて機能性ディスペプシアを改善する
新井 誠人 先生(千葉大学医学部附属病院消化器内科 助教)
 
2012 Vol.36 No.1 「Topics」より
 
2011 Vol.35 No.3 「特集/チーム医療と漢方」より
Part3.チーム医療の実践と漢方薬の活用
化学療法チームの漢方治療
富山大学医学部附属病院(富山県富山市)
NSTに生かす漢方治療
市立枚方市民病院(大阪府枚方市)
 
2011 Vol.35 No.2 「特集1/RCT時代の漢方薬」「ケース・リポート」より
Part2.これまでの研究と今後の展望
六君子湯 総論
原澤 茂 先生(埼玉県済生会川口総合病院院長)
経管栄養患者の嘔吐症状に対する六君子湯の有効性
田中 亨 先生(協立温泉病院内科),他
 
2011 Vol.35 No.1 「特集/産科婦人科疾患と漢方Up to Date 2011」より
2.産科婦人科領域でまず使ってみたい漢方薬
癌化学療法の副作用対策 筋肉痛,悪心・嘔吐[芍薬甘草湯,六君子湯]
日高隆雄 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学系)産婦人科学教室准教授)
 
2010 Vol.34 No.3 「特集/ディスペプシア治療の新しい視点」より
1.鼎談 症状改善からみたGERD治療の新戦略
2.機能性ディスペプシアをどう捉え,どう治療していくか
機能性ディスペプシアをどう捉え,どう治療していくか
春間 賢 先生(川崎医科大学食道・胃腸内科教授)/
富永和作 先生(大阪市立大学大学院医学研究科消化器内科学准教授)/
楠 裕明 先生(川崎医科大学総合臨床医学講師)/
福土 審 先生(東北大学大学院医学系研究科行動医学教授)/
屋嘉比康治 先生(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科教授)/
鈴木 剛 先生(東京警察病院消化器科副部長)
(登場順)
3.六君子湯の最新研究
六君子湯による消化管運動の促進メカニズム
大橋祐介 先生(昭和大学横浜市北部病院こどもセンター小児外科)
胃癌術後障害(QOL)の定量的測定による術式評価と六君子湯の効果
滝口伸浩 先生(千葉県がんセンター消化器外科(臨床検査部長))
食後愁訴症候群に対する六君子湯の効果
櫻井俊弘 先生(町立芦屋中央病院院長)
4.消化管とグレリンの多彩な関係
グレリン分泌増強を介した食欲のコントロールメカニズムを探る
中里雅光 先生(宮崎大学医学部内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野教授)
 
2010 Vol.34 No.1 「特集/癌治療と漢方薬の役割」より
1.漢方薬の最新研究
食道癌と六君子湯
癌化学療法で発現した食欲不振,悪心・嘔吐に対する六君子湯の効果

清家純一 先生(徳島大学胸部・内分泌・腫瘍外科(食道外科)助教)
3.癌化学療法の副作用対策における漢方薬のエビデンス
食欲不振と六君子湯
シスプラチン投与に伴う食欲不振に対する六君子湯の改善効果

武田宏司 先生(北海道大学大学院薬学研究院医療薬学分野教授)
 
2009 Vol.33 No.4 「クリニカル・リサーチ」より
 
2009 Vol.33 No.3 「特集/消化器領域における漢方薬のエビデンス」「インタビュー/漢方を拓く」より
インタビュー:第95回日本消化器病学会総会会長に聞く
消化器病学のニューフロンティアをめざして漢方医学をサイエンスの世界に位置づける
浅香 正博 先生(北海道大学大学院医学研究科病態内科学講座消化器内科学教授,北海道大学病院病院長)
消化器領域の最新エビデンス
六君子湯は中枢セロトニン2C受容体を阻害して食欲と消化管運動を促進する
乾 明夫 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野教授)
グレリン動態からみたFD治療の可能性
―ストレスを要因とする食欲不振に対する六君子湯の効果

屋嘉比康治 先生(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科教授)
食欲不振を引き起こす複数のメカニズムに対応する六君子湯の多彩な効果る
武田 宏司 先生(北海道大学大学院薬学研究院医療薬学分野臨床病態解析学教授)
武藤 修一 先生(苫小牧市立病院消化器内科医長)
体外式超音波法によりFDの消化管運動機能に対する六君子湯の効果を確認
楠 裕明 先生(川崎医科大学総合臨床医学講師)
六君子湯はFD症例においてグレリン分泌を有意に亢進させる
新井 誠人 先生(千葉大学医学部附属病院消化器内科)
(90)六君子湯は胃切除後の排出能において固体食の排出を有意に促進する
西田 俊朗 先生(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座消化器外科学准教授)
その他の関連記事・特集
 
漢方医薬学雑誌 Vol.22 No.1
 
漢方調剤研究 Vol.13 No.1
 
漢方と診療 4巻4号
現代人のための処方解説 第2回 六君子湯(PDF:0.6MB)
井上内科クリニック 井上 淳子 先生
 
漢方と診療 4巻3号
 
海外文献の紹介
 
私の漢方診療日誌(181)
日経メディカル
 
Nikkei Medical 2014.9 別冊付録 漢方特集
日経メディカル2014年9月10日発行号 漢方特集別冊付録」(PDF:4.7MB) より、六君子湯関連記事を抜粋して紹介いたします。
キーパーソン・インタビュー
「機能性消化管疾患診療ガイドライン」が公開 原因が多様なケースへの治療法も示す(PDF:1.5MB)
島根大学医学部附属病院 副病院長/消化器内科 診療科長/内科学講座第二 教授 木下 芳一 先生
座談会
機能性消化器障害の歴史的背景と機能性ディスペプシア(FD)ガイドラインを踏まえた治療(PDF:1.5MB)
北里大学東洋医学総合研究所 副所長・臨床准教授 及川 哲郎 先生
大阪医科大学附属病院消化器内視鏡センター長・講師 竹内 利寿 先生
大阪市立大学大学院消化器内科学 准教授/内視鏡センター副部長 富永 和作 先生
特集 米国消化器病週間(DDW)2014
<臨床編・上部消化管>
機能性ディスペプシア患者の心窩部痛が六君子湯の8 週間投与により改善(PDF:1.42MB)
慶應義塾大学医学部内科学(消化器)准教授 鈴木 秀和 先生
PPI 難治性NERD への対応
高齢者をサブ解析して効果を確認
(PDF:1.36MB)
大阪医科大学附属病院 副院長/内科学第二教室 教授 樋口 和秀 先生
術後の消化管機能障害対策で食欲不振によるQOL低下を防ぐ(PDF:1.30MB)
和歌山県立医科大学第2 外科 講師 中村 公紀 先生
<基礎編・上部消化管>
グレリン、セロトニン、交感神経などに着目
様々なアプローチで六君子湯の機序を解明
(PDF:1.26MB)
兵庫医科大学内科学消化管科 主任教授 三輪 洋人 先生
 
Nikkei Medical 2013.9 別冊付録 漢方特集
日経メディカル2013年9月10日発行号 漢方特集別冊付録」(PDF:4MB) より、六君子湯関連記事を抜粋して紹介いたします。
キーパーソン・インタビュー
米国発の漢方演題が2 題発表 −漢方薬に世界的な注目高まる(PDF:1.8MB)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)CURE 消化器病研究センター アソシエイト・ディレクター/教授 Yvette Tache 先生
六君子湯はラットにおいてL-DOPA誘発性胃排出遅延を改善する(PDF:1.5MB)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) Lixin Wang 先生
特集 米国消化器病週間(DDW)2013
<六君子湯 基礎編 悪液質>
<六君子湯 臨床編>
 
Nikkei Medical 2012.8 別冊付録 漢方特集
日経メディカル2012年8月10日発行号 漢方特集別冊付録」(PDF:3.8MB) より、六君子湯関連記事を抜粋して紹介いたします。
特集 米国消化器病週間(DDW)2012
Kampo Square
 
258号(2016年2月24日発行)
 
47号(2007年5月10日発行)
絵でわかる漢方処方解説シリーズ5 六君子湯
監修:佐藤 弘先生・木村 容子先生(東京女子医科大学附属東洋医学研究所)
 
「チーム医療 新時代」
プライマリ・ケアのための高齢者疾患と初めに覚えたい、この処方
 
212号(2014年3月26日発行)
第51回 日本癌治療学会学術集会 スポンサードシンポジウム3
■基調講演
がん患者のQOLの維持・向上に貢献する漢方薬
-基礎・臨床研究を通して明らかになってきたエビデンス-

上園 保仁 先生(独立行政法人国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野 分野長)
■演題3
がん化学療法の有害事象に対する漢方薬の役割
細川 歩 先生(富山大学附属病院 第三内科 講師)
※六君子湯の関連記事を抜粋して掲載しています。
  全てをご覧いただくにはこちらから
 
205号(2013年12月11日発行)
第13回日本小児漢方懇話会
六君子湯と関連処方の考え方・使い方
 
200号(2013年9月25日発行)
 
198号(2013年8月28日発行)
第50回日本小児外科学会学術集会 イブニングセミナー
小児領域における漢方治療の現状とこれから
 
197号(2013年8月7日発行)
日本麻酔科学会 第60回学術集会 共催セミナー(L36)
周術期における漢方薬の役割〜術後回復強化も含めて〜
 
190号(2013年4月24日発行)
第49回日本東洋心身医学研究会
東西医学の融合、がん患者の心のサポート
 
184号(2013年1月23日発行)
第28回日本耳鼻咽喉科漢方研究会学術集会
ワークショップ4 胃食道逆流症に対する漢方治療の可能性
 
181号(2012年12月12日発行)
第50回日本癌治療学会学術集会 学術セミナー7
がん医療における新しい治療パラダイム
 
179号(2012年11月14日発行)
第32回産婦人科漢方研究会学術集会 シンポジウム2
婦人科がん化学療法における食欲不振に対する六君子湯の効果
 
177号(2012年10月10日発行)
第67回日本消化器外科学会総会 ランチョンセミナー22
消化器がん治療におけるグレリンの役割〜Kampoとのコンビネーション〜
 
166号(2012年4月25日発行)
第21回外科漢方研究会 ワークショップ1「術後愁訴に対する漢方薬の効果」
胃切除術後患者における六君子湯投与効果の検討−グレリン分泌効果も含めて−
 
130号(2010年10月27日発行)
第30回産婦人科漢方研究会学術集会 シンポジウムS-6
婦人科癌化学療法(Paclitaxel, Carboplatin, Cisplatin)時の副作用に対する漢方治療の効果
PDFファイルがあります。最新の表示用ソフト(プラグイン)は、こちらからダウンロードできます。