漢方医学と西洋医学の融合により 世界で類のない最高の医療を患者さんに
Webマガジン「Kampo Square」 学会や特集記事などのタイムリーな漢方情報や多彩な連載を毎月2回配信中。
Vol.14 No.21 通巻299号(2017年11月8日発行)  本紙PDFはこちら(6MB)
漢方みちしるべ
かぜをひきやすく西洋薬は無論のこと葛根湯も服用できない症例 〜虚証とは〜

70代女性。易感染性の体質で、漢方薬にも敏感に反応して治療に難渋する症例。微熱、後頸部のこり、軽い咳嗽、食欲低下。

診療コミュニケーション術
漢方は数千年間患者さんの苦痛を取ることに腐心してきた

栗山一道先生による解説第二弾。初診時に心がけている話し方。自覚症状、隠れた症状の上手な聞き出し方など、真摯に向き合う。

なんだか不調【最終回】
出産後の関節痛治療中に出現したばね指

出産後に下肢の倦怠感、浮腫、痛みが出現した40代女性。関節痛治療中にさらに右手拇指の疼痛が出現。津田篤太郎先生の連載最終回。

高齢者医療
味覚異常

味覚異常の原因は、亜鉛欠乏、薬剤性などさまざま。亜鉛補充で改善しない場合は、胃腸、腎を補する漢方薬を考える。

私の漢方診療日誌
私は更年期障害でしょうか?

肩こり、のぼせ、発汗、手足の冷え…。我慢して生活するも徐々に悪化。更年期障害の記事を読み、心配になり受診した50代女性。

私の漢方診療日誌
皮膚潰瘍に頻用される漢方薬の使いどころを知る

皮膚潰瘍の病因は多岐にわたり、悪化因子も低栄養、感染などが挙げられる。頻用する8方剤と創傷治癒に関わる主な薬理作用を紹介。

印象に残る症例
側胸部痛に漢方薬が奏効した例

中学生女子、ブラスバンド部。演奏時に耐え難い痛みが側胸部に出現。種々の検査で器質的原因はない。顔色はくすんだ感じで気鬱…

次号配信予定日:2017年11月22日(水)

おすすめコンテンツ 新着や人気コンテンツをピックアップ。ぜひご覧下さい。
インフルエンザ・かぜの治療に関するサイト内リンク集です。
漢方関連情報誌・書籍を電子書籍として提供している漢方Libraryが使い易くリニューアルしました。スマートフォンでも使えます。
エビデンスを中心とし、CG・動画・イラストを用いた処方解説のコーナーで、文献紹介や安全性情報なども掲載しています。
エビデンスを中心とし、CG・動画・イラストを用いた処方解説のコーナーで、文献紹介や安全性情報なども掲載しています。
エビデンスを中心とし、CG・動画・イラストを用いた処方解説のコーナーで、文献紹介や安全性情報なども掲載しています。
がんと漢方に関するエビデンス・文献紹介、動画による解説などのコーナーです。

研修医の先生方へ

2017年11月17日
情報誌「漢方と診療」Vol.8 No.3を掲載しました。
2017年10月26日
一頁随想わが旅「キー・ウェストへ」を掲載しました。
2017年8月18日
第54回 日本臨床生理学会総会を追加しました。

TOP